立たないのは年齢のせい?【精力減退と疲労の関係】

 

男性であれば、常に力強く立たせたいものですよね。

 

しかしながら、思うように立たない・持続力がなくなってきたと色々な悩みが出てくると思います。

 

年齢のせいもありますが、

 

年齢以外の点も踏まえて立たない理由や、

 

精力増強をするのにはどうしたら良いかを考えてみましょう。

 

 

立たないのは年齢のせい?

 

まず最初に、男性の精力というものは、

 

20代に最も盛んになると言われています。

 

若い時期には1日に何度も射精することができますし、

 

精子の量も多いと言われています。

 

年齢を重ねるにつれて精力は減少し、

 

精子の発射量も徐々に少なくなってきます。

 

 

そのことが、「立たない原因の1つ」となってきます。

 

 

また、社会において年齢とともに役職や地位が上がってきます。

 

そのことが日常生活の忙しさを生じさせてしまい、

 

慢性的な疲労につながっていきます。

 

 

精子の発射1回あたり100メートルを全力疾走した位の負荷が心臓にかかると言われています。

 

疲れている時や年齢を重ねてしまうとなかなか厳しいものがあると思いますので、

 

疲労していることと、立たないことが相関してくるのではないかと思います。

 

 

ストレスが「立たない」原因?

 

今日の日本はストレス社会といわれています。

 

非常にストレスがかかりやすいのです。

 

また、食生活の乱れから精力のつく食事が摂れていないことも要因として挙げられるでしょう。

 

精力をつけるには、亜鉛やマグネシウムが必要になります。

 

コンビニ弁当や、会食などを報告しているとそのような栄養素は摂れづらいのです・・・

 

 

こういった栄養不足に、先ほど述べたような疲労やストレスの蓄積が積み重なってしまうと、

 

立たない・立ちづらいという事はうなづけるでしよう。

 

 

 

精力剤は効果的?

 

年齢と精力のデータを見ると、

 

40代から50代にかけて大幅なED(勃起不全)の罹患率が大幅に上がっています。

 

 

健康上の問題もありますが、

 

  • 「満足させることが出来るだろうか?」
  •  

  • 「維持することが出来るのだろうか?」

 

という、精神的な側面からも立たなくなることが多いと言われています。

 

 

そんな悩める男性に精力剤が手助けしてくれます。

 

バイアグラを飲むと、

 

勃起不全が改善したと言う報告例がたくさんありますので、

 

いざとなったら使用することをオススメします。

 

 

ただし、常用しすぎてしまうと効果が落ちてしまったり、

 

心臓に負担をかけてしまうことがありますので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

立たない・立ちづらいのはやはり年齢のせいという事は間違いないでしょう。

 

しかしながら、50代、60代の男性でも現役の方はいらっしゃると思いますし、

 

悩んでいない方もいらっしゃるかもしれません。

 

予防策として

 

  • 疲労やストレスを溜めない」
  • 精力に必要な食事や栄養素をこまめに摂る
  • 困ったときには精力剤

 

と言うことを覚えておき、困ったときは思い出していただくことが良いでしょう。

関連ページ

性欲が起こるタイミングが合わない
性欲が起こるタイミングが合わない
性行為の時に膣でいったことがない
性行為の時に膣でいったことがない
性欲がなくて困る
性欲がなくて困る