勃起が維持しないのは病気の始まり?改善策はあるの?

 

「勃起しない」「勃起しても維持しない」「性行為中に中折れする」などといった状態は、

 

けっして健康的ではありません。

 

その背景には大きな病気が隠れていることもありますし、

 

そうでなくても体力や内蔵の機能が低下していたり、

 

精神的な問題があるケースもあります。

 

果たして、維持しない勃起に対する改善策はあるのでしょうか?

 

 

 

まずは生活習慣病を疑う

 

勃起障害の多くは、

 

血管の健康状態が悪いことで起こります。

 

年齢が30代後半以降の男性ならば「生活習慣病」を疑ってみましょう。

 

 

生活習慣病のほとんどは、血管に関する病気で、

 

日本人の死因の多くを占めています。

 

 

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 心臓疾患

 

 

 

これらの病気がある場合には勃起しない、勃起しても維持しない、

 

といった症状があらわれることもあるので、心当たりのある男性はまず検診を受けましょう。


 

 

 

喫煙・飲酒・メタボ

 

喫煙はとくに勃起力を低下させる要因です。

 

 

ニコチンを摂取することで血管は強く収縮して血流を悪化させます。

 

 

また、飲酒も適量ならば血管の拡張作用がありますが、

 

飲みすぎると「アセトアルデヒド」という酸化物質を発生して、

 

血液をドロドロにしてしまうので注意が必要です。

 

 

喫煙や飲酒の習慣がない人も油断は禁物です。

 

 

砂糖や動物性脂肪をたくさん食べる人で「メタボ」になっている人も、

 

喫煙・飲酒癖のある人同様に血管は弱っています。

 

 

「勃起しない」「勃起しても維持しない」という男性は、

 

まずこれらの生活習慣を改めることが基本となるということを覚えておきましょう。

 

 

 

 

必要性要素の不足

 

メタボが急増している日本ですが、

 

じつは「栄養不足」になっている人も多いのです。

 

 

ビタミンやミネラル、アミノ酸などの必要栄養素を含まない「カロリーだけ」の低栄養の食事を摂りすぎると、

 

太っているのに栄養不足・・・という状態になりやすいのです。

 

 

現在の日本は、食品流通の関係から、

 

野菜など生鮮食品の栄養価が50年前にくらべると格段に落ちているといわれています。

 

 

いくら野菜をたくさん食べても健康にならない人が多いのもこのためです。

 

 

勃起力を向上させるには、

 

野菜に含まれているミネラルやビタミンをたくさん体に取り入れる必要があります。

 

 

また植物に含まれる「ポリフェノール」や「フラボノイド」で血液を常にきれいに保つことも大切です。

 

 

海綿体に血液を流す毛細血管は、

 

少し詰まっただけで血液が流れなくなり勃起力や維持力が下がるのです。

 

 

 

最近では、高栄養価の植物を濃縮したサプリメントがたくさん販売されているので、

 

そういったものを利用するのも一つの方法です。

 

 

 

 

 

 

一昔前の、いわゆる「精力剤」とは違い、ここ数年ネット市場などで販売されているものは、健康全体を改善しながら、低下した勃起力も改善するというものがほとんどです。

 

勃起しない」「維持しない」などの男性機能の衰えを感じたら、一度サプリメントを試してみましょう。

 

関連ページ

20代で立たない男はヤバい?今スグやるべきこととは?
警告!これからクラチャイダムゴールドをamazonや楽天で購入を考えているあなたへ。今買うと必ず後悔します。このサイトで6人の口コミから買っていい店舗と買ってはいけない店舗まで効果や特徴を踏まえて紹介しています。
彼氏や旦那のアソコが立たない。いちゃついてもすぐ折れる原因って
警告!これからクラチャイダムゴールドをamazonや楽天で購入を考えているあなたへ。今買うと必ず後悔します。このサイトで6人の口コミから買っていい店舗と買ってはいけない店舗まで効果や特徴を踏まえて紹介しています。
彼氏のペニスが萎む【理由と改善策】
警告!これからクラチャイダムゴールドをamazonや楽天で購入を考えているあなたへ。今買うと必ず後悔します。このサイトで6人の口コミから買っていい店舗と買ってはいけない店舗まで効果や特徴を踏まえて紹介しています。